園の紹介 友愛保育園の特徴

園の特色

恵まれたロケーション

友愛保育園では、大自然を目前とした広々としたロケーションを活かし、安全で快適な環境のもと、四季折々の豊富な園内・園外保育を行っております。

また、子どもの成長にあわせて日々の生活習慣・学習・運動を、遊びを通してバランスよく身に付けていき、元気の良いあいさつができ、何事にも感謝と思いやりの心を持った、心身共に健やかな子どもが育つよう、園全体で取り組んでいます。

充実した園内・園外保育

友愛保育園では、幼保連携型認定こども園の教育・保育要領に、総幼研教育の活動を取り入れ、子どもの発達過程に合わせて年間目標を定め、年齢別に年間・月間・週間の計画を立てて、教育と保育を実施しています。

主な教育内容として、体操・体育などの体育指導と、計算・音読読本・暗唱・音楽・英語(月2回)などの基礎学習を、遊びの中で取り組みながら、子ども一人ひとりの学習する意欲を養っています。

その他にも、園外保育として、自園の畑でのジャガイモ・サツマイモ・ダイコンなどの農作業体験、みかん狩り、きんかん狩りを通しての食育・農育活動や、消防署や工場の見学など、充実した保育園生活を通して、子ども達の心を育てます。

施設案内

0歳児~年長までの6つの教室で、子どもたちは日々健やかな生活を送っています。

他にも多目的に使えるみんなのへや、皆で集まって仲良く食事を行える1Fホールがあります。

そして、1000平米をこえる園庭には、まるで公園のような大小様々な園庭遊具を設置。見晴らしも良く、広々とした運動スペースで、子どもたちは元気に走りまわっています。

セキュリティ面でも、門扉の電子ロック、真夏でも涼しいミストシャワーなど、子どもたちが安全で快適に遊べる工夫をしております。

給食へのこだわり

友愛保育園では、安心・安全でおいしい給食を食べてもらいたいという思いから、全園児/完全給食(主食不要)を実施しています。

施設内中央に位置したガラス張りの自園給食室で、週6日、委託業者(有限会社すがはらさん)の協力のもと、おいしい給食を作って頂いております。

非常時・災害時の対策

友愛保育園では、子どもたちの安全を第一に、園全体で防犯・防災意識を高める活動をしています。

火災・地震・津波・水害・竜巻等のそれぞれに対応した災害対策をはじめ、不審者対応防犯訓練、れんらくアプリを使用した情報伝達など様々な訓練・取組みがあります。

特に近年心配の声が多い津波に対する避難訓練では、延岡市指定の津波避難所(伊形小学校・高台)まで園舎からすぐそばという立地を活かして、地震発生から避難までを想定した抜き打ち訓練を定期的に行い、非常時のスムーズな対応に向けて、教職員一同努めています。

防災・防犯・管理について詳しく見る